備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Edisonボードの Arduinoスケッチ 備忘メモ3

引き続きEdisonボードにおける、Arduinoスケッチに関する話です。

①system()が利用可能
 Arduinoスケッチから、コマンドをコールできます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
void setup() {
 // put your setup code here, to run once:

}

void loop() {
 // put your main code here, to run repeatedly:
 system("echo helloWorld > /dev/ttyMFD2");
 delay(2000);
}

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ttyMFD2は、USB直接接続でのシリアルコンソールです。
ちなみに、SSH接続でのシリアルコンソールは、ttyを打って確認したところ、
/dev/pts/1
でした。

上記スケッチを動作させると、2秒おきにUSBシリアルコンソールに
helloworld
と出力されます。





スポンサーサイト

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/11/13(木) 00:23:40|
  2. Intel Edison
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<raspberrypi UARTのメッセージと、カーネルビルド | ホーム | Edisonボードの Arduinoスケッチ 備忘メモ>>

コメント

追記

popen()/pclose()も使えるらしいです。
時間のあるときにテストコードを書こうと思います
  1. 2014/11/13(木) 17:03:16 |
  2. URL |
  3. 管理者 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanicananica.blog.fc2.com/tb.php/47-d308d5f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。