備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Edisonボード Arduino制御

1. 環境構築

 基本的には、以下からArduino開発環境をダウンロードして、展開するだけです。
 https://communities.intel.com/docs/DOC-23242
 
 ※ 解凍時にエラーがでる時は、7zipやwinrarなどを使うほうが楽です。
 
 圧縮ファイルを展開したら、中の"arduino.exe"を起動させます。
 
 起動したら、[ツール]→[マイコンボード]からIntel Edisonが選択されていること
 [ツール]→[シリアルポート]から、Edisonの仮想COMポートが指定されていることを
 確認したほうが良いです。
 
20141111_01.jpg
20141111_00.jpg


2. 動作確認

 動作確認なので、何を書いても良いのですが、
 Arduino開発環境の
 [ファイル]→[スケッチの例]→[01.Basic]→[Blink]
 あたりを選択するのが楽です。
 
 LEDのアノード(足の長いほう)をArduino拡張ボードのD13に、
 カソード(足の短いほう)を、GNDに接続するだけで確認できます。
 # 本当なら抵抗を挟むべきです。
 
 あとは、、、
 [スケッチ]→[検証・コンパイル]や、ツールバーの[検証]アイコン
 ↓
 コンパイルが正常に完了したことを確認
 ↓
 [マイコンボードに書き込む]
 ↓
 Transfer Complete と表示されるのを確認
 
 正しく動作した場合は、LEDが1秒ごとに点灯と消灯を繰り返します。
 
 ※ Windows7で開発している場合は、[マイコンボードに書き込む]で
   どうしても失敗することがあるようです。
   その時はPCの再起動をするようにと、あった気がします。
   (何かのドキュメントのFAQだったと思うのですが、思い出せません)
   まぁ非常にごく稀らしいので、あんまり気にしていません。
 
3. Arduinoの動作
 Arduinoは、edisonのYocto Linuxの中で、複数のプロセスに渡って動作しているようです。
 このため、Arduino関連の動作をどうやって停止させれば良いか悩みました。
 
 /opt/edison/の中にlauncher.sh、sketch_reset.shでざっくりと制御できるようです。
 
 # Arduinoスケッチの一時停止(再起動すると、また動きます)
  killall -HUP clloader
 
 # Arduinoスケッチの再起動
  /opt/edison/sketch_reset.sh
スポンサーサイト

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/11/11(火) 20:25:35|
  2. Intel Edison
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。