備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Edison ボード 一番(?)最初にやっておくこと

ここにきて大きな見落としをしていました。

まずは、EdisonのFWをアップデートする必要があります。

Flashing Edison (wired) - Windows
https://communities.intel.com/docs/DOC-23192

まずは、こちらでEdisonのFWをアップデートします。
全体の利用方法としては以下の流れになると思います。

①EdisonボードをPCにて認識できるようにする。
http://nanicananica.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

このうち、configure_edisonまでやる必要はありません。
EdisonのCOMポートが正しく認識できるさえすればよいです。
手順通り行った場合、PCには"Edison"という名称のドライブが認識されます。
20141024_00.jpg

この時、Edisonドライブを開いて、中にファイルが一つもないことを確認します。
"Flashing Edison (wired)"の記述だと、コマンドプロンプトを開いて
>DEL *
にてファイルを削除することを奨励しているみたいです。

②EdisonのFWイメージのダウンロード
https://communities.intel.com/docs/DOC-23242

こちらの、Edison Yocto complete imageをダウンロードします。
ダウンロードが完了したら、解凍します。

20141023_02.jpg

③ファイルのコピー
解凍したファイルを丸ごと全部、Edisonドライブへコピーします。

④EdisonからFlash指示
Edisonにシェル接続します。
teratermでもputtyでもpoderosaでも、好きな
ターミナルエミュレータを開いて、シリアル接続にてEdisonのCOMポートに接続します。
接続速度は、115200bpsです。
※ EdisonのCOMポートは、「USB Serial Port」なんていう名前になっています。
  デバイスマネージャを開いて、ポートのところを確認してください。

rootでログインしましたら、以下のコマンド入力します。
#reboot ota

自動的に、リブート→FW書き換えが行われます。

今までに行っていた設定などは一度消去されるので、ご注意ください。
#configure_edison --setup
(先日は、configure_edison --setupだと、StartedGuideの通りにならないと記載しましたが、
 最新FWなら問題ないようです)
を入力して、パスワードなどを再設定してください。

⑤バージョンの確認
/etc/versionを確認すると、EdisonのFWのバージョンが記載されています。
#cat /etc/version

20141024_05.jpg

スポンサーサイト

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/10/24(金) 13:43:59|
  2. Intel Edison
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。