備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BeagleBone Blackのセットアップ (初期設定)

ブログ内検索つけました。
FC2ブログのプラグインであったんですね・・・

BeagleBone Blackの初期設定をさくっと書き留めておきます。
raspberryPiでも同じようなことやっていたので、そっちと同じようなものです

1.rootパスワードの設定
$ sudo passwd

あとは、rootパスワードを適当に設定しました

2.IPアドレスの固定
$ sudo nano /etc/network/interfaces

開いたところで、該当箇所を修正
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
#iface eth0 inet dhcp

iface eth0 inet static
address 192.168.0.xyz
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.0.1
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

3.sshdの設定
$sudo nano /etc/ssh/sshd_config

4.ntpのインストールと設定
$sudo apt-get install ntp ntpdate

5.aptitudeのインストール
$ sudo apt-get install aptitude
$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude safe-upgrade

6.タイムゾーンの設定
$ sudo dpkg-reconfigure tzdata

7.各種ディスクサイズの確認
$ df -a -h

8.ディスクサイズの調整
プレビルド版だと2GBに収まるようになっていて、
挿したuSDのサイズをいっぱいに使ってくれていないので調整します
raspberryPiだとキー1回押すだけで良かったですが、
今回はfdiskでやらないといけないです

8-1.
$ sudo fdisk /dev/mmcblk0

8-2.
Command (m for help): p

ディスクサイズの確認をする.
パーティションが2つあるはずで、Linuxのパーティションを拡張する
第2パーティションの①"Start"を記録しておきます

8-3.
Command (m for help): d

2
一回、拡張するパーティションを削除する

8-4.
Command (m for help): n

p
(primary partition)

2

6144
startセクタの位置です。①の値を指定

*****
*****はdefault値 - 1500000 の値を指定します
1500000という値は、この先SWAP用のパーティション分です。
750MB分とるとすると、1セクタ512として 750M / 512 ≒1500000
というところからです

8-5.
Command (m for help): n

p
(primary partition)

3

*****
開始セクタ値。デフォルトの値を設定する

*****
終了セクタ値。デフォルトの値を設定する

8-6.
Command (m for help): p
問題なさそうなことを確認したら、書き込みます
Command (m for help): w

8-7.
$ sudo reboot

8-8.
$ df -a -h
まだサイズが変わっていない

8-9.
$ sydo resize2fs /dev/mmcblk0p2

8-10.
$ df -a -h
サイズが変わりました

8-11.
$ sudo reboot
リブートしときます

スポンサーサイト

テーマ:ブログパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2013/06/11(火) 23:10:14|
  2. BeagleBone Black
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BeagleBone Blackのセットアップ (OSインストール)

盆に向けて忙しいですが、すこしづつでも続けたいです。
今回は、BeableBone BlackにOSをインストールします。
まじめなやり方ではなく、プレビルドのイメージを焼きこんで、作っちゃうほうです

1.プレビルドイメージのダウンロード
 www.armhf.com/index.php/boards/beaglebone-black/
 
 ubuntuでも、debian wheezyでも好きなほうをダウンロードしてきます

2.インストール
 適当なPCに適当な、uSDカードを挿して
 $ sudo xz -cd ubuntu-precise-12.04.2-armhf-3.8.13-bone20.img.xz > /dev/sdX

 もしくは

  $ sudo xz -cd debian-wheezy-7.0.0-armhf-3.8.13-bone20.img.xz > /dev/sdX

 # 最後のsdXのXは、それぞれのPC環境に合わせてSDカードを指定してください
 
 と、イメージをuSDに書き込んであげます

 事前にxz-utilsがないと動かないです。
 入っていなければ、下のコマンドでインストールしておきます
 $ sudo apt-get install xz-utils


あとは、ただBeagleBone BlackにuSDを挿して、電源ケーブルを接続すれば起動します。
CUIだけの起動です。

ここまで書いた後から気づきましたが、
ダウンロードのページ
www.armhf.com/index.php/download/
こちらであれば、別にミニマムイメージじゃないですし、Angstromいけそうですね


テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2013/06/10(月) 22:56:13|
  2. BeagleBone Black
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BeagleBone Blackのセットアップ

BeagleBoneBlackを弄ってみます

とりあえず、公式のGetting Startから
beagleboard.org/Getting%20Started

1.BBBのドライバをインストール
OTGケーブルで接続するためのドライバをインストールします
beagleboard.org/Getting%20Started
ここのSTEP2から、認識されるPCにあったドライバをダウンロードして
インストールします

自分の場合はWindows 64bitのものを使用しました。

2.BBBをOTGケーブルで、PCと接続します

OTGケーブルとPCを接続すればPCに自動的に認識されます
setup1.jpg

ただしく認識されれば、ストレージデバイスとして認識されます。
BBB_storage.jpg


- - - - - - BeagleBone Blackのピンアサイン - - - - - - - -
BBBのピンアサインは、よく利用しそうなので備忘録としては載せておきます
引用元は↓です
elinux.org/BeagleBone

BeagleBone_P9_P8_512x512.jpg
BeagleBone_p8_pinout.jpg
BeagleBone_p9_pinout.jpg
BeagleBone_P6_464x222.jpg
 

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2013/06/02(日) 00:02:36|
  2. BeagleBone Black
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。