備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SSHが動くようにする

訳あってUbuntuに環境を変更したが、
sshが使えなかったので使えるようにする

$ sudo apt-get install aptitude
$ sudo aptitude install ssh

これでおk
設定は、/etc/ssh/sshd_config にて設定できます

一応、/etc/init.d/ におりてsshを確認して
必要があればrestartしておきます
スポンサーサイト
  1. 2013/04/28(日) 17:40:45|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

gccが動くようになるまで

Raspberry Piでgccが動くようにと、設定する
以外に手間がかかったので、記録

1.$ which gcc
 gccがあるかどうかを確認する
普通に /usr/bin/gcc にあったので問題なかったが、
 ない場合は
$ sudo apt-get install gcc
 でインストールする

 同様に、$ sudo apt-get install libc6-dev
 こちらもインストールする

2.hello.cの作成
 適当なテキストエディタで作成
#include <stdio.h>

int main(void){
printf("hello,world!");
return;
}


3.$ gcc -o hello hello.c
コンパイルするが、エラーがでる・・・・
 /usr/local/src/にてやっていたのだが、permission denid
ディレクトリの書込み権がなかったので
 sudo chmod 777 /usr/local/src
としてあげた

 その上で$ gcc -o hello hello.cをやったら上手くできた

4../hello.c
実行してみて問題なく動くことが確認できた
 
 
 
  1. 2013/04/28(日) 04:59:21|
  2. Raspberry Pi
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。