備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Dabianインストール

Raspberry Piのコンパイル環境が今後必要になるので、
クロスコンパイル環境を作成する。

LinuxのディストリビューションはDabianで行こうと思う。

その上でDabianのインストール方法だけ

1.イメージダウンロード
http://cdimage.debian.org/debian-cd/6.0.7/i386/bt-cd/
から、debian-6.0.7-i386-netinst.iso.torrent をダウンロードして
トレントを使ってダウンロードしました。

2.CDイメージをマウントさせて、インストール
 基本的に、迷うようなところはないはず
 ほっとけば勝手にインストールされて、起動する

3.VM-Toolのインストール
 シェルから/vmware-install.pl を実行します
 基本的にENTERを押していけば問題なしですが、
 gccと、linux-headersで止まります。

 ↓みたいなエラーメッセージで
 The path "" is not a valid path to ~.
 Would you like to change it? [yes]

 gcc:[システム]→[システム管理]→synaptic パッケージマネージャを開いて
   検索窓からgccと入力。
   gccっていうのがたぶん一番上に出てくるため、それにチェックをいれて
   インストールします。
   
   インストールが完了したら、/usr/binへいくとgcc*.*.*なんていう形で
   ファイルがあるのが確認できると思います

   エラーメッセージで、/usr/binと入力してあげればOKです

 linux-headers:gccと同じですが、最初にシェルからuname -a をして
 自分のカーネルバージョンを確認しておきましょう
自分の場合は↓のような感じで見えて、2.6.32-5-686のlinux-headersを入れてあげればよいのだと判りました
 > Linux debian 2.6.32-5-686 #1 SMP Mon Feb 25 01:04:36 UTC 2013 i686 GNU/Linux

 したら、またパッケージマネージャを開いて、2.6.32-5-686なんかを検索します。
 出てきた結果からlinux-headersをインストールしました
 /usr/srcに入るはずです

 ちなみに、apt-get install linux-headers-・・・とインストールしようとしましたが
 こっちは、なんかロックがかかっているとかで、インストールができませんでした

スポンサーサイト
  1. 2013/04/22(月) 12:55:53|
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Raspberry Pi初期設定まとめ

もひらRaspberry Piの初期設定を記載しておきます。

おおよそ参考にしたところは、以下です

OSインストール
http://www.lifehacker.jp/2013/02/130226raspberry_pi_guide.html
http://embedded-raspberry-pi.blogspot.jp/2013/03/raspberry-pi.html

ネットワーク設定
http://tomono.eleho.net/2013/03/17/4045/

リモートデスクトップ設定
http://www.limemo.net/blog/2012/09/raspberry-pi-use-static-ip-address.html

いろいろ
http://www.shellvalley.0t0.jp/micro_comp/raspberrypi/first_setup.html

- - - - 初期設定 - - - -
初回起動では、
一通りすべての項目を一度いじりました。
expand_rootfs
overscan
 enable
configure_keyboard
 Generic 105-key (Intl) PC → Other → japanese → あとは適当
change_locale
 ja_*のものを2つ追加して、その後のdefault locateをja_JP.UTF-8
change_timezone
 Asia → Tokyo
ssh
 # いじり忘れていたけど、こちらもONにしたほうがよいと思う
boot_behaviour
 YES

あとは、Finishで完了。勝手に起動します。
ちなみに raspi-config にてまた設定することができます

- - - - ネットワーク設定 - - - -
ネットワーク設定は、ターミナルを開いて
ifconfigで自分のIPを確認します。

その後に
leafpad /etc/network/interfaces
でinterfaceを開いて

iface eth0 inet dhcp

iface eth0 inet static
address 192.168.0.***
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.0.1

と設定。自分の場合、2箇所あって迷った。
DNSサーバーは変える必要がなしだったけど
変更するときは、
/etc/resolv.confに
nameserver ***.***.***.***
を追加か修正すればよいらしい
/etc/init.d/networking reload
で設定反映らしいけど、自分の場合再起動しないと反映されなかった(かも)

- - - - リモートデスクトップ設定 - - - -
次にリモートデスクトップの設定ですが、
apt-get install xrdp
で完了しました。
リモートデスクトップで、IPアドレスを指定してあげれば
そのまま接続できます。

あと、ターミナルも開けるように
SSHをインストール
ターミナルソフトとしてpoderosaを入れました
  1. 2013/04/22(月) 01:34:09|
  2. Raspberry Pi
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まずテスト

テスト
  1. 2013/04/22(月) 01:03:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。